ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部、マレーシアとの国境のの町パダンベサールです。

昨夜、チュムポーンから夜行列車に乗ったイソノンですが、これがまた寝心地の良い寝台列車で、冷房が効き過ぎていることを除けば快適そのものです。
グッスリと眠って、気持ちのいい朝を国境越えで迎えたのでした。
gctm065.jpg
歯車の戻ったラノーンのごろりん10本足とコータウンのごろりん10本足、それぞれのギヤキャプくんに、関空の歯車くんを大切にしまって、イミグレーションに向かいます。
gctm066.jpg
駅の構内でタイの出国手続きを済ませ、続いてマレーシアの入国審査です。

さあて、ここからマレーシアです。
isonon100_s.gif もちろん、機関車も乗り換えなの。
タイでは、ディーゼル機関車が頑張ってくれたけど、マレーシアは近年電化が進んでいてね、ここからの移動は電車なのよ。

si17_7_7a.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg
 (いそのんのオフシャルサイト)
isonon_s.gifトップページのおはなしを更新したよ
 夏のひかげぼっこ

2017/08/06 23:02 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部の町チュムポーンです。

ラノーンのギヤキャプくんから、ごろりん10本足に歯車を移そうと、静かで落ち着ける浜辺にやってきたのでした。

しばらく、成り行きを見守っていますと、色々なことがわかってきます。

ギヤキャプくんとごろりん10本足の間では、話し合いがもたてれいるようです。
今回、スムーズに転送が出来ない原因は、関空で捕まえた歯車くんらしいのです。

ラノーンので捕まえた8つの歯車は、元々ラノーンのごろりん10本足にあった物で、直ぐにでも元に戻せるのですが、最初に関空で捕まえた歯車は戻せないということのようです。

しばらくして、話し合いがまとまったようです。

8つの歯車を元に戻して、関空の歯車くんはリリースするらしいのです。
歯車なら何でもいいという訳ではないのですね。

gctm060.jpg
決まれば行動は早く、一瞬でラノーンのギヤキャプくんから、ごろりん10本足に歯車が転送されました。


gctm054.jpg
そうして、後にはリリースされた歯車くんが、ヤシの実の上にのこされていました。

isonon100_s.gifこれで、 ラノーンのごろりん10本足の歯車も元どおりです。
後に残った関空の歯車くんは、一緒に連れて行きましょう。

si17_7_3a.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg
 (いそのんのオフシャルサイト)
isonon_s.gifトップページのおはなしを更新したよ
 夏のひかげぼっこ

2017/08/05 23:01 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部の町チュムポーンです。

イソノンは、海岸にやってきました。
延々と砂浜が続いています、暑いくらいの陽射しに綺麗な海です。
イソノンは、海に浸かりたくてウズウズしています。

しかし、先ほどのカエル星人からの頼まれごとで、ラノーンのごろりんへ歯車を戻してあげなくてはなりません。
海に浸かりたい衝動をグッとこらえて、歯車を戻すことにしました。

イソノンは、カバンからラノーンのギヤキャプくんとごろりん10本足を取り出して、砂浜に並べておきました。
isonon100_s.gif これで、良いのかな?
しばらくすると、ギヤキャプくんがカタカタと動き出しました。
ラノーンのごろりんと一定の距離をとるように、近くにあったヤシの実の上によじ登っ
ています。
ミャンマーで見たような歯車の転送は始まりません。
一見遊んでいるように見えるのですが、動きに何か理由があるのでしょう。
gctm059.jpg
ヤシの実の上と下で、何やらお話しているようです。

isonon100_s.gif しばらく、様子を見ることにしましょう。
si17_7_3a.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg
 (いそのんのオフシャルサイト)
isonon_s.gifトップページのおはなしを更新したよ
 夏のひかげぼっこ

2017/08/04 22:11 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部の町チュムポーンです。

イソノンは、ジャックフルーツをほおばりながら、カエル星人のお人形を取り出しました。

isonon100_s.gif こんなに美味しい果物を、カエル星人にも食べさせてあげましょう。

お人形のお腹を三回、キュピー、キュピー、ムキュー。
kero559.jpg
人形が入れ替りカエル星人が現れました。
いそのん、何事かケロ?kerokero_iconfukiR.jpg
イソノンは、カエル星人に、ジャックフルーツをさしだしました。
isonon100_s.gif いっしょに、食べましょう。
後ね、ミャンマーのコータウンで歯車くんを捕まえたり...
そうそう、ごろりんの歯車が戻ったんだよ。

イソノンは、カエル星人といっしょにジャックフルーツを食べながら、先日の事をお話ししました。

カエル星人は、驚いたり喜んだりです。
あっ、という間の15分でした。
いそのん、ラノーンのごろりんにも歯車を戻してケロkerokero_iconfukiR.jpg
そう言い残して、カエル星人は戻っていきました。

isonon100_s.gif そうね、ラノーンのギヤキャプくんとごろりんも試してみましょう。
さて、何処で?
まさか道端でというわけにはいかないでしょう。
そういえば...

イソノンは、前回立ち寄った時にツアーガイドの人がコタウとかコサムイと島リゾートへ案内していたのを思い出しました。
そうなのです、チュムポーンの港はタウ島やサムイ島観光の玄関口なのです。

チュムポーンの駅から海までは5〜6キロメートルです。
isonon100_s.gif 時間もあることだし、海岸まで行ってみましょう。
si17_7_3a.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg
 (いそのんのオフシャルサイト)
isonon_s.gifトップページのおはなしを更新したよ
 夏のひかげぼっこ

2017/08/03 23:09 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部の町チュムポーンです。

町の散策に出かけたイソノンですが、すぐに果物屋さんの屋台トラックが目に入りました。

一見するとドリアンの専門店のようにも見えるのですが...
その実はドリアンと比べると一回り大きいのです、果物の表皮のトゲトゲは逆に小さく、トゲというよりもぼこぼこしているといった感じなのです。
gctm053.jpg
isonon100_s.gif ジャックフルーツね。

イソノンが、トラックに近寄っていくと、おばんさんがナイフを起用に扱いながら大きなジャックフルーツの実から、大きな黄色い果肉を切り分けてくれました。
この果肉、形はトウモロコシの粒に似ていますが、高さが5センチもありそうな大きな粒です。
「この大きさが試食だなんて考えられない」というくらいの大きさなのです。
食べると、程よい甘さ、そうしてなんともいえない歯ごたえがくせになりそうです。

イソノンは、このジャックフルーツをお昼ご飯にしようと一切れいただいていくことにしました。

ふと、手前にあるお鍋が気にかかります。

おばさんはニコニコしながら、お鍋の中から煮豆を取り出しました。
お鍋の中身は、ジャックフルーツのタネを煮たものだったのです。

見た目は、一回り大きい金時豆の煮豆ようですが、お味はふかしたお芋のようでこれまた美味なのです。

isonon100_s.gif 南国には、美味しい果物がたくさん有るわね。

si17_7_3a.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg
 (いそのんのオフシャルサイト)
isonon_s.gifトップページのおはなしを更新したよ
 夏のひかげぼっこ

2017/08/03 0:12 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部の町チュムポーンです。

ラノーンでの歯車くんの回収は終わりました、これからイソノンは、歯車くんを追いかけてマレーシアに向かうのですが、ラノーンから直接南に向かうことが出来ないのです。

ただでさえ予算不足のスタヂオiのことです、当然の事ながら自家用ジェットや専用ヘリといった交通手段は使う術がありません。

タイ・マレーシア国境のパダンベサールへは、機関車でさらに南下していくのが一般的なのですが、東海岸のラノーンには鉄道が無いのです。

機関車に乗るには、西海岸のチュムポーンまで戻らなくてはならないのです。

12人は乗れそうな、乗り合いバスでチュムポーンまで帰ってきたイソノンは、駅で南行きの機関車の時刻を確認しています。
isonon100_s.gif よくわからない時刻表だけど、大丈夫でしょう。
夜行列車の出発は夜だから、8時間くらい余裕が出来たみたい。
折角なのでチュムポーンの町を散策してみましょう。
gctm052.jpg
駅前には(i)の表示のある建物があります。
isonon100_s.gif これってもしかしてスタヂオi関連施設かしら?
イソノンは、いろんな情報が得られるかと期待したのですが、残念ながら、閉まっていました。
si17_7_3a.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg
 (いそのんのオフシャルサイト)
isonon_s.gifトップページのおはなしを更新したよ
 夏のひかげぼっこ

2017/08/01 23:03 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部の町ラノーンです。

isonon100_s.gif サワデカー(おっはよ〜)
イソノンが、1階の食堂に下りてきました。
gctm013.jpg
昨夜は、宿に帰って来てトムヤンクンをモリモリ食べたあと、死んだように寝ったそうです。
タイの美味しい食べ物と、湿気ムンムンの気候、そうして10時間の睡眠で、連日の奮闘もなんのその、今日も元気いっぱいのイソノンです。
kero554a.jpg
isonon100_s.gif さて、次の歯車くんは、何処かな?
イソノンは、ギヤレーダーのスイッチを入れましたが、反応がありません。
どうやら、近くには居ないようです。

サーチ範囲を、少しづつ広げていくと...
isonon100_s.gif 歯車くん発見!ここって、随分南...マレーシアね。

次なる、歯車くんは、またまた国境を越えて出没です。
si17_7_4.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg

2017/07/31 22:58 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部の町ラノーンです。

イソノンを乗せた船は、ラノーンの港に6時少し前に到着しました。
大急ぎで、イミグレーションで入国の手続きを済ませます。
isonon100_s.gif よかった〜、時間に間に合いました。
無事に、タイに帰ってきました。
この日は、ミャンマーを走り回ってヘトヘトでしたが、それよりもなによりも、歯車くんを捕まえて、なんとなんと、コータウンのごろりん10本足の歯車を復活させたのです。
気持ちは、ヤッタネ〜といった感じでウキウキしています。
gctm050.jpg
歯車が戻った、ラノーンのごろりん10本足を眺めながら、ニンマリしてしまうのです。
isonon100_s.gifそれにしても、どうして動いたのでしょう?
確か、前にギヤキャプくんからごろりんに歯車を移そうとした時には、2匹並べても何も起こらなかったはずです。
まだまだ、解らないことが沢山あります。
でも、今は一時のお休みが欲しいとイソノンは思うのでした。
si17_7_4.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg

2017/07/30 22:58 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、ミャンマー最南端の町、コータウンです。

ただいまの時刻は夕方4時28分です。
そうなのです、タイ、ラノーンのイミグレーションで6時までには帰ってくるように言われているのです。

イソノンは、大急ぎで港に向かいました。
si17_7_27b.jpg
青い屋根のお隣、赤い屋根がミャンマー、コータウンのイミグレーションです。
出国の手続きを済ませて、大急ぎで船着き場にやってきました。

si17_7_27c.jpg
ラノーン行きの船を探しましたが、少し前に出発してしまったようです。
港にいた人に聞くと、次は30分くらい後になるとのこと、
それでは、6時に間に合いそうにありません。

isonon100_s.gif誰か!急いでます、ラノーンまで、乗せて行って!
イソノンの呼びかけに、数人の船乗りが集まってきました。

停泊していた一艘の船のエンジンがかかります。
エンジンからは、3メートルもありそうな長いシャフトが付いていて、その先がスクリューになっているのです。
船頭さんは、長いシャフトを海に突っ込み、器用に上下左右に動かしながら船を操ります。

イソノンを載せた船は、風を切り波をかき分け、ラノーンの港を目指しました。
si17_7_6.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg

2017/07/29 23:07 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、ミャンマー最南端の町、コータウンです。

コータウンのギヤキャプくんは、イソノンの手から離れるとカタカタと動き出しました。
si17_7_27e.jpg
4個の歯車くんは、オニごっこでもしているように「わーい」と逃げにかかります。

しかし、ギヤキャプくんの素早い動きは尋常ではありません。
さすが、カエル星人のテクノロジーです。
あっという間に、4個の歯車くんを確保してしまいました。
時間は4時20分です。
isonon100_s.gifうれしい〜、これで8個の歯車くんを回収したのね。
イソノンは、先ほど、カエル星人が持ってきた、コータウンのごろりん10本足を出しました。
そうして、ギヤキャプくんの隣に並べて置くと...
gctm042.jpg
かたかた、かたかた、ごろりん、ごろりん、とお互いがひっ付き合っています。
しばらくすると...

ごろりん10本足の失った歯車が、もとに戻っていきます。
1〜つ、2〜つ、3〜つ、...
全部で8つの歯車が、戻ってきました。

その光景を、しばらくは、ぼう〜と見ていたイソノンですが、はたと我に返りました。
タイに帰るのに時間が迫っているのです。
isonon100_s.gif急がなきゃ!
コータウンのごろりん10本足とギヤキャプくんをカバンにしまいこんで、ラノーン行きの船の待つ港に向かいました。

ただいまの時刻は4時28分です。

si17_7_6.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg

2017/07/28 23:03 Update
    Home