メッセージ欄

分類 【ごろりん10本足のお話し】 で検索

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレー半島北部、東海岸沖合のプルフンティアン島です。
プルフンティアン島はブサール島とクチル島という二つの島があります。

イソノンは、ブサール島でカエル星人を召喚(キュピキュピ)しました。
kero556.jpg
カエル星人の人形が消えて、次の瞬間カエル星人が現れるのです。
イソノン、呼んでくれてちょうどよかったケロkerokero_iconfukiR.jpg
isonon100_s.gif 今は、マレー半島の東海岸沖プルフンティアン島に来ているのよ
イソノンは、これまでの経緯をかいつまんでお話ししました。
何せ、カエル星人は15分間しかこちらに居れないのです。
ギヤレーダーでもう一度見てみるケロkerokero_iconfukiR.jpg
kero549.jpg
そういいながら、イソノンが持っていたギヤレーダーを長い三本指で起用に操作していきます。
イソノン、お隣の島に歯車くんが4匹確認できたケロkerokero_iconfukiR.jpg
isonon100_s.gif えっ、それでは、お隣のクチル島に行かなくてはいけないのね。
いそのん頑張ってケロ、新しいギヤキャプくん渡しておくケロkerokero_iconfukiR.jpg
そう言いながら、カエル星人は、3匹目のギヤキャプくんをイソノンに手渡しました。
そうして、ぽんっとぬいぐるみに戻ってしまいました。

si17_7_7e.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/16 23:08 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレー半島北部、東海岸沖合のプルフンティアン島です。
プルフンティアン島はブサール島とクチル島という二つの島があります。

イソノンは、ブサール島に上陸しました。
isonon100_s.gif あまり何も無いっていうのは、たいへん良いのだけれど、とりあえず今日のお宿を探しましょう。

探すといってみても、宿も目の前の数軒しか選択肢がりません。
しかも、リゾートかダイビングに特化されたようなお宿で、とても歯車探しには似つかわしくないのです。

夜までには、まだ時間があります。
イソノンは、歯車くんを探すためにブサール島探検にでかけることにしました。

お供は、言わずと知れたカエル星人のお人形です。
isonon100_s.gif そうね、現状報告もかねて一度きてもらいましょう。
kero553.jpg
そういいながら、キュピキュピ〜

一方、クチル島では、歯車くん達が、イソノンの到着を待っているかのように波打ち際にたたずんでいました。
gctm072.jpg
カリカリカリカリ

si17_7_7e.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/15 22:54 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレー半島北部、東海岸沖合のプルフンティアン島です。

プルフンティアン島はブサール島とクチル島という二つの島があります。

イソノンは、渡し船の船頭のおじさんにどちらの島に行くか尋ねられて、さんざん迷ったあげく、ブサール島に行く事にしました。

isonon100_s.gif ブサール島の方が大きくて、人が少ないのよ。
手付かずの島って感じでね、なんとなく歯車くんがいそうな気がするの。

gctm078.jpg
一方、クチル島では、歯車くん達が、イソノンを待っているかのように波打ち際にたたずんでいました。

si17_7_7e.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/15 22:02 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレーシア、東海岸の洋上です。

gctm069.jpg

クアラ.ブスッの港を出発してから20分、間もなくプルフンティアン島です。
isonon100_s.gif 三匹目のごろりんの歯車くんが、あの島にいるのね。
イソノンの、歯車くんを捕まえる決意が伝わってきそうです。

それにしても、運転の荒っぽい船です。
先ほどから、何度も波に乗り上げて跳ねる跳ねる、気を抜こうものなら、不用意にお尻を腰掛けた板に打ちつけそうです。

車に例えるなら、高速道路で制限スピードをはるかに超えて爆走する軽四ハコバンといったところでしょうか。
島まで30分かけてもいいから、時間的なサービス精神よりも景色を楽しむとか、島の情報などのサービスの方がよほど有難いと思いながらも、多少の海水をかぶる程度の被害で間も無く到着です。

プルフンティアン島はブサール島とクチル島という二つの島があります。
船頭のおじさんが、「どっちの島に行く?島の何処へでも降ろしてあげる」
などと聞いてきます。

観光に来たわけでもなく宿泊も決めていないイソノンには、答える事が出来ません。
isonon100_s.gif さ〜て、どっちでしょうね。

si17_7_7e.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/13 22:53 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレーシア、東海岸の洋上です。

gctm068.jpg

イソノンは、とうとうマレー半島の東方にやってきたのです。

ペナン島でコピススパナスで、練乳入りのホットコーヒーを飲み、あとはトントン拍子で長距離バスに乗り込みました。

途中の休憩以外ではバスの中でぐっすりと寝むり、夜明け前にクアラ.ブスッに到着したのです。
眠気まなこでバスを降りると、何か叫びながら一台のスクーターが近づいてきます。

ペルヘンティアンーペルヘンティアン

少し訛りがあるようですが、間違いなくプルフンティアン島への渡し船の勧誘のようです。
イソノンは、用心深くも、チャンスとばかりに話しかけました。
isonon100_s.gif ウマ ピギー プルフンティアン

真っ黒に日焼けしたスクーターのおじさんの示す方角に歩いて行くと、港がありました。
港にはたくさんの小舟が停泊できるように、海中から係船柱が何本も突き出しています。

イソノンは、港に停泊していた20人くらいの乗り合い船に乗り込んでプルフンティアン島へ向かうのでした。

si17_7_7e.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/12 23:10 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレーシア、ペナン島ジョージタウンです。

gctm067.jpg

屋台で、2種類の揚げスイーツとコピ スス パナス(マレーシア風ミルク入りホットコーヒー)を堪能したイソノンは、再びひマレーシアの東方行きの長距離バスを探すために、コムタタワー近くのショッピングモールにやってきました。
ショッピングモールには、旅行代理店が何軒か入っている一画がありました。
よく見ると、覆面レスラーのようなイカツイデザインの長距離バスのポスターが出ています。
コタバル、プルフンティアン、ランテンガ、レダン、カパス、ジェミア、テンゴール、など聞きなれない名前が並んでいます。

お店のひとから何処へ行きたいか聞かれましたが、正確にはわかりません。
前にギヤレーダーを見たときは確かコタバル付近だという事だったのですが...

イソノンは、もう一度ギヤレーダーで確かめてみることにしました。
ギヤレーダーを動かしてみると、歯車くんの反応が強く出ているのは、プルフンティアン島です。
si17_8_11.jpg
プルフンティアン島へ行くには、対岸のクアラ.ブスッまで、長距離バスでいけばいいそうです。
そこで、渡しの船が迎えに来てくれるという事でした。
isonon100_s.gif これで、マレーシア東方へ向かって今夜出発です。
si17_7_7d.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/12 23:13 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレーシア、ペナン島ジョージタウンです。

イソノンは、マレーシアの東方行きの長距離バスが見つからず、どうしようかと悩んでいます。
しばらく悩んでいたイソノンですが、何か思い立ったように歩き始めました。
isonon100_s.gif お腹が空いたので、何処かの屋台で美味しいものを食べましょう。
コムタタワーの並びに、真新しい、オシャレで大きなショッピングモールがありますが、そこには目もくれず、付近の路地裏を目指します。

どうやら、食に対するこだわりがあるようです。
isonon100_s.gif こだわりっていう事では無いのだけれど、お店選びには幾つかの条件があるのよ。
まず、現地の人達と同じものを食べることね。
旅行者相手のお店だと、味も万人向けになるし、お値段も高いし、だいいちつまらない。
それから、作っているところが見えるお店を選ぶわね。
いい加減な事はしていませんっていう事を自分の目で確かめること、それに食材が判ったり、ご当地トッピングがあったりして、楽しいのよ。
イソノンの、屋台が好きな訳は、こんなところにあったのですね。
gctm064.jpg
コムタタワーの近くで、コーヒーや、紅茶などの屋台が出ました。
小さなテーブルの上には、パンやドーナツ、ビスケット、ケーキに類似したご当地のお茶うけがズラリと並んでいます。
isonon100_s.gif 美味しそう〜、コピ スス パナス
si17_7_7c.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/10 22:16 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレーシア、ペナン島です。

イソノンは、とうとうペナン島までやってきました。
gctm063.jpg
ペナンの島は、マレー半島の西方です。
一方、歯車くんの反応は、マレー半島の東方に出ています。
これを、長距離バスで横断しようという計画で、長距離バスの発着がありそうな、このペナン島ジョージタウンにやってきたのでした。
isonon100_s.gif 長距離バスは、ジョージタウンのランドマーク、コムタタワー付近から出ていたはずなので、そこへ行ってみましょう。

フェリーで到着したイソノンは、近くのジェッティバスターミナルからラピッド という街中を巡回しているバスに乗り込みます。
このバスで、コムタタワーまで連れて行ってくれるはずなのです。

久しぶりのジョージタウンですが、逸る気持ちはマレー半島の東海岸の事でいっぱいいっぱいで、とても街の景観を楽しむ気分ではありません。
isonon100_s.gif とにかく、東行きの長距離バスを探さなくては。

巡回バスは、コムタタワーまでやってきました。
コムタタワーのすぐ近くには、大きなバスターミナルがあり、イソノンは直ぐにマレー半島の東に行くバスを探します。
マレーシア語で、英語で、何度もアルファベットを見直しながら一生懸命に探しました。
でも、マレー半島の東行きのバスを探す事が出来ませんでした。
isonon100_s.gif さてさて、どうしましょう。
si17_7_7c.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/09 22:48 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここはマレーシア、ペナン島対岸の町バターワースです。

イソノンは、電化されて間もないピッカピカのマレー鉄道の電車で、バターワースまでやってきました。
ここから、船でペナン島に渡るのです。
isonon100_s.gif 久しぶりのペナン島ジョージタウン、美味しい屋台も楽しみね〜
バターワースの駅から、直ぐにフェリー乗場があったはずなのだけれど?

駅は電化に伴い綺麗に改修されて、イソノンが以前来た時と勝手が違っていたのです。
一度二階に上がって、くるりと回ってまた降りて...

駅から出ると、目に前には20台は停まれそうな広いバスターミナルがありました。
でも、バスが一台も停まっていないので、まだ使われていないのかもしれません。

そこに、人の良さそうなおじさんが近づいてきました。
「ペナン島まで、車で乗せてってあげるよ、格安だよ」

イソノンは、船着場の場所を聞いたのですが、おじさんは、送迎押しでノープロブレム
isonon100_s.gif わたしは、船で行きたいの〜
ふと横を見ると、仮設のような通路の奥にFERRYの文字が見えるではありませんか。

イソノンは、おじさんのお誘いを丁重にノーサンキューして、フェリー乗場に向かうのでした。
gctm062.jpg
あと、15分で出航です。
si17_7_7b.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

2017/08/08 23:03 Update

ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、タイ南部、マレーシアとの国境のの町パダンベサールです。

イソノンは、マレーシアに入ってから、まず歯車くんのより正確な場所を特定するために、ギヤレーダーを確認します。
isonon100_s.gif 反応があったけれど、まだ遠いわね。
マレーシアの北部には違いないけれど、この辺て東海岸のコタバルの南側辺りかしら。
イソノンは、マレーシアの東海岸に行くための交通手段を調べました。
まずは鉄道を調べましたが、マレー半島をはるか南まで下って、そこからV字に北上するルートしか無さそうです。
しかし、列車の乗り継ぎや時間が解らず、到着するまでに日にちがかかりそうです。
参りました、ここは見知らぬ地です、付け加えて調べるためのインフォメーションも見当たりません。

イソノンは、しばらく考えていましたが、思い立ったように電車の切符売り場に向かいました。
以前の旅で、マレーシアのペナン島に来た際にマレーシアのあちこちに行くための拠点になるバスステーションがあったのを思い出したのです。
isonon100_s.gif とりあえず、ペナン島に行ってみましょう。
gctm061.jpg

si17_7_7a.jpg
goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg
 (いそのんのオフシャルサイト)
isonon_s.gifトップページのおはなしを更新したよ
 夏のひかげぼっこ

2017/08/07 22:58 Update
 Home