メッセージ欄

分類 【未分類】 で検索

けろなぞクイズ

isoyume.jpg
礒夢堂本舗は、8月15日開店いたします
今回、お店に並ぶのは、
いそのんが創った【一年サナギの羽化】のあばれ玉3点とシークレット1点
お買い物には、ピューパコインがいりますので、開店までにカエル星人のけろなぞに参加して、ピューパコインを獲得してください。


icc03.gif第一回目10問 けろなぞクイズ、〆切りは8月3日夜の12時までケロ
   どしどし、お答えが届いてうれしいケロ
   模範解答は4日に発表ケロ
   分け分けピューパコインもお楽しみにケロ
sen550.jpg
isononweb85.jpgいそのんがトップページを更新したよ
     自然は分厚い本だから・・・http://www.iso.cx/
sen550.jpg

2022/08/03 22:55 Update

けろなぞクイズ、お答えちょうだいケロ

isoyume.jpg
礒夢堂本舗は、8月15日開店いたします
今回、お店に並ぶのは、
いそのんが創った【一年サナギの羽化】のあばれ玉3点とシークレット1点

お買い物には、ピューパコインがいりますので、開店までにカエル星人のけろなぞに参加して、ピューパコインを獲得してください。



kerotomo_mail.jpg1問から10問までの答えをeメールにてお知らせ下さいケロ
宛先 iso@wcs.jp
件名 けろなぞ
本文
  1問から10問までの答え
  掲載するお名前  (例)カエル星人ooo号
  ご連絡先メールアドレス


icc03.gif第一回目10問 けろなぞクイズ、お答えちょうだいケロ
   〆切りは8月3日夜の12時までケロ
   カエル星人の持ってる57ピューパをみんなで分け分けケロ
sen550.jpg
isononweb85.jpgいそのんがトップページを更新したよ
     自然は分厚い本だから・・・http://www.iso.cx/
sen550.jpg

2022/08/01 21:25 Update

いそのんの夢

kaeru_icon_2.jpgここは、いそのんのお家です。

いそのんは、展示会の準備が終わったのでしょか...

トンテンカントン、ガサゴソゴニョゴニョギュイーンと、先ほどまでしていた忙しそうな音が、しなくなりました
P5080267.jpg

カエル星人が、いそのんの様子をうかがっています
...それもそのはず、おやつの時間を30分も過ぎていて、お腹ケロケロなのです
icc03.gifお腹すいたケロ
P5080286.JPG
icc03.gifいそのん、準備はそろそろでき上がり?ケロ
・・・あっ、グラスタウン町長さん来てるケロ

sen550.jpg

2022/05/10 22:47 Update

ゆめのまたゆめ、そのさきに

kaeru_icon_2.jpg ここは...スタヂオiの事務所です。
言わずと知れた、カエル星人の地球上の活動拠点です。
sen550.jpg
P1045576.jpg
「おはよう!」
「七時だよ。卵から出ておいで!」
sen550.jpg
icc03.gifサナギの時計屋さんからから、ゆめのまたゆめのような写真が届いたケロ
これって、いそのんのステガちゃんケロ
ケロともさんが撮ってくれたケロ
【カエルのお時計さん】でおはよう〜ケロ

2021/05/24 22:43 Update

ケロ友さんからお便り

kaeru_icon_2.jpg ここは...スタヂオiの事務所です。
言わずと知れた、カエル星人の地球上の活動拠点です。

カエル星人は、めこたま君の設定変更をするためにいそのん家に出かけています
調査の対象を、いそのん本人にするためなのです

ちょうどその時、ケロともさんから、ほっこりしたお便りが届きました

icc03.gifさっそく、お便りをご紹介ケロ

jyunjyun202105.jpg

icc03.gifお花に囲まれて、ホンワカほっこりケロ
sen550.jpg

2021/05/07 21:50 Update

ゆめのまたゆめ 火蟲への愛情レポート(06)〜(10)

kerotomo_mail.jpgケロともさんより



火蟲さんへの愛情レポート(06)

仮想現実(VR)を現実にすることが、火蟲のサナギが変態できるような自然に繋がると私は考えます。
自然を守るということと科学技術を進歩させるということは真逆のように感じられますが、これが一番現実的なのではないでしょうか。
仮想現実の中で人が満足できるようになれば、環境破壊を最小限に抑えることができます。例えば、大きな建物が必要になっても、仮想現実の世界でそれを作れば、山を切り開いてそこに住む生き物を排除しないでもすみます。VR技術ならば、家を一歩も出ることなく、ネットを通じてそこにたどり着けます。そこに車で訪れる人たちが出す排気ガスも必要なくなり、空気を汚すこともありません。無駄に夜中に出歩く必要もなくなれば、星が見えないほど煌々と明かりを照らす必要はなくなるでしょう。 VRの技術が少しずつ進んでいけば、あるいは100年後には、火蟲のサナギが満足できる世界が、地球にやってくるのではないかと思います。



火蟲さんへの愛情レポート(07)

火蟲のサナギが100年後に変態できるような自然環境にするには、カエル星のテクノロジーを持ってこの地球の一部の人々の権力にしがみつき利権に囚われ我欲に疾る人間の性を失くして貰えるような機械を作って貰うか、もっと穏便にするなら、やっぱりカエル星のテクノロジーで利権の絡んでこないクリーンなエネルギーを開発して貰うのが良い方法に思います。
考えれば考えるほどこのテーマは一人ではどうにも出来ない難しい問題で、今世界中を恐怖に陥れている新型コロナウイルスは自分達の手で自浄出来ない人間への自然界からの反撃では無いかと思えてくるほどです。
何の知恵も力も無い一人の婆としては、地道になるべくエアコンなどは使わない努力とお馬鹿な犬を躾けて猫の額程の小さな庭でも少しでも緑を増やす努力をする事とします。



火蟲さんへの愛情レポート(08)

火蟲さんによい環境とはどんなもの?
昼には昼の生き物が、夜には夜の生き物が息づく自然環境。
自然にやさしい光で生活する...うーん、とっても難しいですね。
ずっと考えていますが良い考えが浮かびません。

昔と比べて夜がすごく明るくなっていますよね。
コンビニ、スーパー、ガソリンスタンドなど、24時間開いていて照明がつきっぱなし。
これでは昼の生き物たちはいつまでも活動中、夜の生き物たちはなかなか出て来られない。
どうしたらいいのでしょう。

一昨年、北海道でブラックアウトを経験しました。
その時全ての電気が使えなくなり夜になると真っ暗。
何も出来ないので日没前に食事など用事を済ませて寝るしかない状態。
そんな中外に出て空を見上げると、そこには見たことがない数の星、星、星。
天の川まではっきりと。
それはとても美しいものでした。

あの時は災害によるトラブルで真っ暗な夜を迎えることになってしまったけれど、みんなが日常的に必要のない照明は消し、空を見上げて星空を楽しむようになれば今より少しでも夜らしい夜を迎えることが出来るのではないかな。
岡山県の美星町(びせいちょう)には天文台があり、美しい星空を見るために光害防止条例が制定されています。
照明を全部無くすのは難しいけれど、数を減らす、環境に影響が少ない照明器具に交換する、外に明かりが漏れないようにする。
このような取り組みをする地域が増えてくればほんの少しだけ火蟲さんにとってよい環境に近付いていくのではないかなと思います。



火蟲さんへの愛情レポート(09)

広い海のど真ん中で生き物が住んでいない島を探すケロ。
見つけたら島の真ん中を、深く深く深〜〜く穴を掘るケロ。
深い深い深〜〜〜い穴が掘れたら、穴の底に一撃必殺スーパーくるくるミラクルケロケロパンチをしておみまいして、一目散に退散ケロ。
するとゴゴゴゴゴゴという轟音と共に激しい揺れが起き、穴の底から真っ赤に煮えたぎったマグマが噴き出すケロ。
マグマはパワーを秘めた火の塊なので、きっと火蟲のサナギが変態するのに力を与えるケロ。
しかしここで問題発生。噴火の時に出て来る火山灰が太陽の光を遮ってしまったケロ。
そうだ雨を降らせて空をきれいに掃除するケロ。
沢山お湯を焚き、水蒸気を作り、そして雨雲を作るケロ。
雨で空がきれいになって光が届くようになったら、灰で肥沃になった土地に花の種を蒔こう。
きっと見渡す限りのたくさんのきれいな花に火蟲くんはびっくりケロ。
そうだ火蟲くんの友達もいたらいいケロ。シャボン玉のような薄い皮膚膜をして、体内の空気が太陽の熱で温められて空高く飛んで風に漂う昼の生き物、熱を加えると小さく硬くなるから昼はじっとしているけれど、気温が下がる夜には体が柔らかくなりモゾモゾ動き出す夜の生き物を見つけるケロ。



火蟲さんへの愛情レポート(10)

できるだけ自然にある光で生活する世界

いくら星空がきれいでも、宵っぱりは、いけません。

早起きしないといけません。

でも、夜明けとともに、起きることができません。

誰かに起こしてもらわないとなりません。

う〜〜〜ん・・・

コトリさん達がたくさんやってくるように、大きくなる木を植えようか・・・

キジバトさんの夫婦がブッポブッポ歌えるように、住心地の良い巣を用意しようか・・・

そうだ。明け告げ鳥さんにたのんでみよう。

かならす早起きできますね。

トーテンコー〜〜♪

icc03.gif イイお話を、今日も5つ掲載させていただきましたケロ
掲載順不同ケロ、特定のお名前などは本文より削除ケロ

2020/04/04 22:53 Update

ゆめのまたゆめ第110話 火蟲の巻

kaeru_icon_2.jpg ここは、かえる王国いそのん家の2階にあるスタヂオiの事務所です。
言わずと知れた、カエル星人の地球上の活動拠点です。

いそのんは、ウゴウゴ寝袋の中でクークークー
カエル星人は、ゆめたまごの中でグーグーグー
sng48.jpg ここはいそのんの夢の中です

icc011.gifわたしが夢の中で願ったのは、火にせよ電気にせよ、必要なだけの灯りで生活する世界なのです
自然の中で眺めるお星さまは綺麗でしょ
g011.jpg
いそのん自身の夢の中とはいえ、地面から出てきた双葉を乗せたまんまる頭が、本当にいそのんなのか、まだ少し疑っていたカエル星人ですが、なるほど、話している内容は間違いなくいそのんですicc011.gificc02.gif

カエル星人は、これまで、いそのんから自然についていろいろなお話を聞いてきました

icc02.gif私にとって町は明るすぎるのです。
自然に優しい明るさにすれば、電気も少しですみます
電気をそんなに作らなくて済むのなら、そのぶん原子力をつかったり火を燃やしたりしなくてもよくなるはずです

そうすれば、電気代も安くてすみますし...
光るキノコや虫さんも、もっと見つけることができます
夜に活動する生き物は、もっともっと安心して過ごせるはず
そうして、お星さまが綺麗に見えます、宇宙がはっきりと遠くまで見ることができるのです

icc03.gifこの夢は、いそのんが思い描く、夢の世界ケロ


sen550.jpg

sen550.jpg
isononweb85.jpg
いそのんが「けろけろ。」のページを更新したよ
2月の弘法さん・http://www.iso.cx/kero/0433

2020/02/20 20:41 Update

Trilobite Fossils in Morocco [Introducing geological excursions in Morocco]


sen550.jpg
For those who are interested in Trilobites
Let’s live the beat of ancient times of 250 million years ago!
(Trilobites appeared during the Paleozoic era, about 542 million to 251 million years ago)
al001.jpg
This article is for introducing Mr. Mohand Ihmadi, a geologist in Morocco. (November 30,2019)

Again, this is only for those who are already acquainted with Trilobites, so I will directly talk about the excavation experience in Morocco.

Let’s go to Morocco and hunt for Trilobite fossils
In early 2019, without having any information or connections, I came to the east side of the Atlas Mountains, along the Sahara Desert in Morocco. After asking around about fossil localities I finally arrived at Alnif.
Alnif is a small village of about 3000 people, mostly inhabited by the ancient Berber people.
I met Mohand Ihmadi whose work was based in Alnif.

Mohand took me to the locality where the Paleozoic layer was exposed, and I started cracking the rocks dug from the layer using a hammer.
In most of the rocks, a part of trilobite was embedded. While feeling the aura of the many fossils around, I kept working until I met a fossil that was completely intact.
al002.jpgal003.jpg
It was an extremely powerful and luxurious experience.
Hm? What to do with the trilobite you found?
P0000197.jpgP0000224.jpg
By removing the unnecessary parts by hammer and cleaning carefully by air scrub tool, turn it into my most desirable form and…. bring it home with me.
sen550.jpg
mm001.jpgmm002.jpg
Here is a few specific information.
The cost of Mohand’s geological excursion: A group of 1-4people: 80EUR(9840JPY)/day.
Japanese translator: plus 50EUR (6150JPY)/day
(Mohand speaks English. The language spoken in Alnif are Berber or French)
If 4 of you join in one group, the cost for one person becomes significantly lower.

The above information is for those who can travel to Alnif by themselves. However, Morocco is far foreign land.
Mohand has offered to give transportation service between Casablanca and Alnif.
momap001.jpg
Plan for 7days excursion with transportation service
A group of 1-2people:700EUR (86100JPY)/person
A group of 3-4people:600EUR (73800JPY)/person
sen550.jpg
【model plan to Alnif, Morocco】
Day1: Arrive at Casablanca and Mohand will pick you up at the airport.
Stay one night at the west part of Morocco, on the Atlantic Ocean side.
Have a briefing about the geology of Morocco at the accommodation.

Day2: Begin travelling over the Atlas Mountains and reach Alnif,which is located by the Sahara Desert.
Take a good rest at the accommodation for tomorrows experience.

Day3: The first day of your excursion for trilobite fossils will finally begin.
Mohand will take you to any localities you like, including those from the Cambrian, Ordovician, and Devonian period.

Day4: 2nd day of excursion, let’s try to visit a different locality.

Day5: Take a workshop for cleaning fossils you gathered (They call this process “preparation”) and get explanations about the different trilobites, such as their inhabited period, etc.

Day6: Mohand will send you to Casablanca, and you will fly for Japan.

The costs above do not include the flight ticket to Casablanca.
Costs for transportation between Casablanca and Alnif, accommodation, meal,workshop,
and Mohand’s geological excursions are included.
And if you have other plans, please feel free to ask Mohand.
sen550.jpg
P3040348.jpgal008.jpg
For contact, please directly send an email to Mohand

mail_mini.jpg alnifearth@gmail.com

Please type your message in English with using half-width characters.

An example of an email

subject:Ihmadi tour for Japanese

Name:morokosi taro
Start day of this tour:29.Feb.2020
How many days:6days
Number of people:4people

please tell me a good plan and the price per person under these conditions.

sen550.jpg
kerotomo_mail.jpgIf you need more information about the trip to Alnif in Japanese,
please feel free to send an email to us.

mail_mini.jpg iso@wcs.jp

2019/12/10 8:43 Update

東寺のハイジ

kaeru_icon_2.jpg ここは、かえる王国いそのん家の2階にあるスタヂオiの事務所です。
言わずと知れた、カエル星人の地球上の活動拠点です。

isonon_s.gif もちろん、2匹とも今月21日の京都東寺の弘法さんに連れて行きます。
ラ〜ンラ、ラ〜ンララ、ホホ〜ヨ〜、ラホホヨラホホ〜
ラ〜ンラ、ラ〜ンララ、ホホ〜ヨ〜、ラホホヨ ラ〜
ya03003.jpg
山羊さん3号(40g)
全く新しい技法を開発成功です。
その方法を使って葉っぱの表現を変えました。
おかげさまで、ふふん!と得意げな表情です。

ya03002.jpgya03004.jpg
しっかり立ちます。
頭でっかちなので、ぶらさげるとやや前傾します。

これから、まだ変わっていきます。
こうして、自分が欲しくて欲しくてたまらない作品を創っていくのが、いその流の創作なのですよ。
kaeru2.gif 4匹目が楽しみケロ
いそのんがけろけろのページを更新したよ

1月の弘法さん・・・http://www.iso.cx/kero/0356

2019/01/19 22:50 Update

新作レポーターケロ

kaeru_icon_2.jpg ここは、かえる王国いそのん家の2階にあるスタヂオiの事務所です。
言わずと知れた、カエル星人の地球上の活動拠点です。

表では、カエル星人が幸運機のメンテナンスをしています。
kero605.JPG
kaeru2.gifガマの油交換が終わったケロ
幸運機は、絶好調ケロ
次は、コンバイカのメンテナンスケロ

2018/11/07 23:00 Update
 Home