ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、カエル星大使館執務室である。

カエル星人はブレインスキャンと言っていたが、いそのんの頭脳、とりわけクリエーティブな思考を司る右脳部分の「ごろりん10本足」に関する情報をスキャンしていたという事になる。

とすると、カエル星人が手にしていたマラカス状の物は、脳の情報を読み取る端末の役割をしていたという事になる。
カエル星人が踊っていたのは、実は踊っていたように見えただけで、いそのんの頭脳を全方向から漏れなくスキャンするための動きだったと考えるのが妥当だろう。

スキャンしたごろりん10本足の情報は抜き出せたケロkerokero_iconfukiR.jpg

マラカスが差し込まれた機械が、にわかに静かになり、ランプの点滅も忘れた頃に時折チカッと光るだけになっている。

真夜中の小人作戦は、次の段階に移るケロkerokero_iconfukiR.jpg

そうだ、カエル星人が言う「真夜中の小人作戦」とは、いそのんの周りを深夜に踊る事をさしていたのだろう。
全くカエル星人らしい、アンチョクなネーミングである。

おや・・・何だろう?この違和感は...
そう「小人」だ、小人としているところが今ひとつ解せない、
真夜中のカエル星人盆踊り、の方がしっくりきそうなものだ。

...今回のカエル星人の行動は、何か奥深いものを感じさせる。

goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg

sen550.jpg
 (CO展企画「境界おかわり」)
 進捗状況はコチラ・・・
sen550.jpg

2016/11/16 23:02 Update
 « Newer   Home   Older »