ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、カエル星大使館執務室である。

ここまでくれば、グリム童話の「小人と靴屋」を検証しなくてはならないだろう。

このお話で、小人さんとは何なのか?その定義も無ければ説明もない、ただただ不可思議なだけの全く何ものかわからない存在なのだ。

そうして、靴屋の主人が眠ってしまうと、現れて靴を作るというものです。
その意図も不明ならば、靴を作る動機もわからない。
どうしてこれがお話として成立するのかさえ疑ってしまうような、全く不思議なおはなしである。

このことから素直に考えれば、いそのんが眠っている間に、小人さんがごろりん10本足を作る、ということになるだろう。
その場合は、「いそのん」が創ったのでなく「小人」がコピって作った、という事になるのだろう。

造形と作品の詳細な内容を創る時の、シナプスの動き、各種ホルモン分泌、五感のへの刺激度合いなどなど調査ケロkerokero_iconfukiR.jpg
それらを基に、制作環境を整えるケロkerokero_iconfukiR.jpg

カエル星人は、ことさら難しそうな事を言っている。

「小人」の正体というのは、いったい何だろう?

goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg

sen550.jpg
 (CO展企画「境界おかわり」)
 進捗状況はコチラ・・・
sen550.jpg

2016/11/18 23:09 Update
 « Newer   Home   Older »