ごろりん10本足をケロケロケロ

kaeru_icon_2.jpgここは、カエル星大使館執務室である。
kero510.jpgkero356.jpg
さすが、伝説と言われるだけの事はある。
ケロッピ先輩の話は大変興味深いものであった。
まずは、歯車が消えた問題だけれど...ケロkerokero_iconfukiR.jpg
大変珍しい症状だケロ、考えられるとすればケロkerokero_iconfukiR.jpg
小人システムの不具合が考えられる...ケロkerokero_iconfukiR.jpg
いそのんの、意識下の情報が入力間違いか、欠落している可能性があるケロkerokero_iconfukiR.jpg

ケロッピ先輩のアドバイスで、カエル星人たちは、さっそく小人さんの入力データの確認作業に入りました。

ドタバタと2階に駆け上がり、小人さんにデータ入力する為の、マラカスが6本突き刺さった謎の機械とに向き合ったのです。

この謎の機械は、マラカス状のセンサーで感知したいそのんの脳内情報を解析して、ごろりん制作の為の外的刺激と各感覚別のマトリックスから、解析シートを作っていくのです。

時間はかかるけど、データーを総点検するケロkerokero_iconfukiR.jpg
すぐに、作業をはじめるケロkerokero_iconfukiR.jpg

3人のカエル星人達は、手分けしてデーターのチェックににかかっている。

早い早い...驚異的な速さでデーターの確認作業が進んでいく。

あれれ〜、これは何?ケロkerokero_iconfukiR.jpg
そう言いながら、1匹のカエル星人が、謎の機械の陰に落ちていた、丸まったメモ用紙を見つけたのです。

goro03.jpg
「ごろりん10本足」をこの手にするまで、頑張るケロkerokero_iconfukiR.jpg
sen550.jpg

 (CO展企画「境界おかわり」)
 進捗状況はコチラ・・・
sen550.jpg

2017/01/20 23:13 Update
 « Newer   Home   Older »