【八月の蛸・その2】

kaeru_icon_3.jpg
蛸の卵は、卵塊といって綺麗な房がわさわさと藤の花のように産み付けられます。
母蛸は、これを守りながら大切にお世話をするのです。
卵塊は一つの房に米粒のような卵が100程度下がっています。
そして数週間たつとタコベビーが飛び出してくるのです。

最初は白い卵も、やがて中のタコベビーが透けて見えるようになります、
幸運にもそのような場面に遭遇できたときは、じっくり観察したいところです。

母蛸は強し、「な〜に見とる!あっちいけ!」とばかりににらみつけてきます。
いそのんが創る「八月の蛸」は、そんな強さと卵を抱く優しさが伝わってくる作品なのです。


タコメシうまいケロkaeru_icon_fuki_g.jpg

iso_icon25.JPGほんっと!カエル星人ったら!もー。

2015/11/20 16:37 Update
 « Newer   Home   Older »