【101号もアオリイカのココニちゃんのメディエーターになりたいケロ】

コンマイカはライバルだった!どうする101号!?

si_icon101go_50x46.jpg「もうコンマイカはアテに出来ないケロ、どうしようケロ〜。」

「!!」
何か閃いたようである。
si_icon101go_50x46.jpg「まだコンバイカがいるケロ〜!」

勿論コンバイカにも優秀な演算装置が搭載されている。
しかもコンバイカは今回出番なしでココニちゃんには会っていないハズである。

si_icon101go_50x46.jpg「コンバイカ〜お願いがあるケロ〜」

「!!」
コンバイカの格納庫に向かって走り出す101号の体が、不意にフワッと浮かび上がる。
si_icon101go_50x46.jpg「これは!ココニちゃん捕獲用のバルーンケロ!」
      「どうしてケロ〜!」
格納庫内のコンバイカから、射出されたものの様だ。

捕獲用のマシンは、効率よく働くために、ネットワークで繋がってるからなぁkerokero_iconfukiR.jpg整備担当

si_icon101go_50x46.jpg「それはナイケロ〜!」
      「アオリイカのココニちゃん2匹目、ゲットしたかったケロ〜!」

kero404.jpg

斯く言う、101号は作文未提出のまま締め切りを迎えたのである。

sen550.jpg
 (「ココニはどこに?」の巻き)
    これまでのあらすじはコチラ・・・
sen550.jpg
 (CO展、とんぼ玉硝子芸術展覧会「境界」はこちらから)
    まとめのページができましたぞ・・・
sen550.jpg
 (ケロいそのんのオフシャルサイト)
iso_icon_wahaha_mini.jpgトップページのおはなしを更新したよ
    海中では
sen550.jpg

2016/04/02 12:33 Update
 « Newer   Home   Older »